悪女の恋人は主人公様

漫画「悪女の恋人は主人公様」は原作R.suとLee Haron先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の恋人は主人公様」23話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

ユニフェを本当に大事に、大切にしたいイシードは自分を傷つけてでもユニフェに喜んで欲しいと思い、ユニフェが綺麗と言った自分の髪の毛をプレゼントしようとする行動にユニフェが注意をした。

大切なひとのために、大切な人を悲しませないように自分自身を傷つけないように大事にすることを教えてあげて、イシードは理解した。

 

ユニフェが壊れている傘を見つける。

イシードは自分が使うものは全て壊れると言うと、ユニフェはイシードの心を察し、自分は壊れないという。

 

そして、イシードはユニフェにずっと僕の側にいてくれますかと質問すると、ユニフェはもちろんよ、と答え抱きしめる。

ユニフェがイシードに、ずっと側にいると抱きしめると、イシードがユニフェの首に愛撫し始める。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

イシード自身をユニフェはそのまま受け入れるのでしょうか?

馬車の中ですから、そんなことはないと思いますがユニフェって大人なところがありますからこの先進展してしまう可能性もなくはないですね。

 

ユニフェの家に向かっているみたいですが、そのままユニフェの家に入れるのかと思いきや、予想外の登場人物が現れたことに驚いてしまいます。

 

イシードとユニフェはどのようにその場を乗り切るのでしょうか。

悪女の恋人は主人公様23話のネタバレ込みあらすじ

イシードがユニフェの首を舐め始め、感じてきているユニフェの服のリボンを解こうとすると、ユニフェは自分から解いた。

 

キスする?と、ユニフェが誘うと、イシードは黙ったままユニフェにキスを始める。

長いキスの中、体を触り始めるイシードと彼の火のマナのせいで体が熱くなるユニフェ。

 

馬車が止まった時にユニフェはイシードの名前を強く呼ぶと彼は止まった。

 

少し残念そうな顔をしながらイシードはユニフェが脱いだ服を着させてあげる。

すると、このまま自分の部屋にくるように誘うユニフェに、イシードは驚き思考停止した。

 

嫌なの?と言うユニフェに強い気持ちで行くと伝えるイシード。

 

ユニフェの家の前に停まった馬車から二人が話しながら降りると急にイシードが立ち止まり、ユニフェはイシードの背中にぶつかった。

 

その先にいたのは、ユニフェの傘を持って門の前に立っているユニフェのお父様だった。

 

雨と雷の中、イシードとユニフェのお父様が挨拶をしあう。

しかし、その場の雰囲気は良くない。

 

ギクシャクした雰囲気の中、イシードは時間が遅いので帰ろうとすると、やるべき重要なことがあると彼を引き止めるユニフェ。

 

その光景を黙って見ていたお父様が、雨が止むまで休んで帰ったらいいと言うとユニフェはその発言にキョトンとなる。

 

しかしイシードがユニフェの耳元で、後で部屋に行くことを伝え、誰にも内緒で部屋の暖炉に火をつけとくようにと言い、ユニフェをお父様の方へ行かせた。

 

悪女の恋人は主人公様23話の感想と次回24話の展開を考察予想!

イシードとユニフェが馬車の中でイチャイチャした後ユニフェがそのままイシードを部屋に誘いましたが、これって続きは私の部屋でって誘っているということでいいんですよね??

まさかユニフェから誘うとは思いませんでした。

 

そして馬車から降りるとタイミングよくユニフェのお父さんがいるwww

 

公爵「様」の様をつけることに珍しいと思うおとうさんですが、どんな地位と差があるんですかね??

 

でも二人が前からお互いの存在を知っているということはわかりましたが、ユニフェとイシードの仲についてはどう思うのでしょうか?

ユニフェのお父さんはユニフェ思いの優しい人だと思うので反対はしなさそうですが。。。

 

今回イシードは、ユニフェのお父さんが休んで行きなさいと言ったのにも関わらず、今日は帰りますと振舞ったところが紳士的でカッコよかったですね。

 

でも、ユニフェには後で部屋に行くと言いますが、、、。

 

でも、対応はバッチリだと思います!!

 

暖炉の火を使って行くのはこれで2回目ですね!!

 

さて次回ですが、多少始めはお父さんとユニフェの会話がありそうですね。

イシードとはどういう関係なのか、いつからなのかとか聞いてきそう!!

 

逆に、彼はやめときなさいとあるんでしょうか??

 

次回話でイシードはユニフェの部屋に現れるのかな?

 

ドキドキしますね!!

 

まとめ

今回は漫画『悪女の恋人は主人公様』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

馬車の中で長いキスをしながら絡み合うユニフェとイシード。

この後ユニフェはイシードを自分の部屋に誘うが、門の前にはユニフェを迎えに行こうとしていたのか、ユニフェの傘を握ったままのお父様が立っていた。

二人は挨拶をし、少し気まずい雰囲気になったがその場はいったんイシードはそのままユニフェを送り、後で部屋に行くから暖炉をつけとくようにと言ってその場は去って行った。

 

≫≫次回「悪女の恋人は主人公様」24話はこちら