悪女の恋人は主人公様

漫画悪女の恋人は主人公様」3話は原作R.suとLee Haron先生の作品で、ピッコマで配信中です。

めぐみ
ユニフェとイシードはどうなる?

プロローグと第1〜2話では、主人公ユニフェは現世界からいきなり突然小説の中で生きることになった。男主人公イシードが親友ラエルを愛しているのに嫉妬し、親友でもあるラエルをいじめた結果、サブキャラのカシアンに殺され…。

そんなユニフェは第3者のサブキャラ・カシアンに殺されるのを回避するためにラエルとイシードに関わることをずーっと避け続けてきた。

 

そんなある日パーティーに参加したユニフェはお酒に酔って男主人公イシードを自分から口説いてしまい(いい男なので)、体の関係を持ってしまった。次の朝目覚めたユニフェは、一夜限りの関係で終わらそうとしたが、お相手のイシードは受け入れず。。。

そしてまた、主人公ユニフェは真っ直ぐで純粋なイシードの手を払いきれずにいた。。。

 

今回は「悪女の恋人は主人公様」の3話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

さて、ユニフェはイシードの手を振り払えないとなるとこれは一夜限りで終わらすことは出来ないでしょうねぇ。

第3話の見所はユニフェの決断!!といったところでしょうか。

でないと話が進みませんからね。

悪女の恋人は主人公様【3話】ネタバレあらすじ

第3話では、ユニフェは自分からイシードを誘い、前夜には”一夜限りではないわ”と宣言しているにも関わらず、しかも体の関係にまで至っているのにユニフェは言い訳を述べて何がなんでも一夜限りの関係で終わらそうとしていた。

 

イシードの気持ちも考えずそんなクズな言い訳しかしない、クズなことをしていることに気づいたユニフェ。

一方優しすぎるイシードは、自分自身が彼女にとって気持ち悪い存在なのか不愉快な気持ちにさせてしまったのかと相手を気遣おうとしていたら、イシードの言葉を遮りユニフェは考えた。

 

本来この小説の中では恋人同士だった、男主人公イシードと女主人公ラエルが出会うまでにはあと1年ある。

だから二人が出会う前に別れればいい!

実際にユニフェを殺すのはサブキャラのカシアンだから、イシードとラエルの邪魔をせず、そしてラエルをいじめなければすむ話だからそれまでの間、イシードを愛してあげよう!と決意する。

イシードの中ではすでに付き合っているが、ユニフェ自身イシードに再確認して二人は付き合うことになった。

 

しかし、ユニフェは感じた。

大事なものを見落としているものがあると。。。。

悪女の恋人は主人公様3話の感想&次回4話の考察予想

さぁ、まあ一夜限りで終わってしまってはストーリーが成り立たないwので付き合うんだろうなぁとは思っていましたが、付き合いましたね。

しかし、まだイシードとラエルは出会っていなかったんですね!!

てっきり魔法アカデミーで顔見知り程度に出会っているのかと思っていました。

私の読み取りがおかしいのでしょうか(笑)

しかし、期間限定の恋人(当人イシードは知らない)とはいえ、イケメンで優しくていい体な彼氏は羨ましいです。はい。

いろんな漫画を読みますが、だいたいイケメンで優しいですからね。

今回も男主人公には萌え〜ですよ。

そんなイケメン彼氏イシードとのベットシーンを思い出すユニファの回想シーンの絵は、こちら読み手もドキドキします。

上手です。あの目線ww

今の所、イシードは純粋にユニフェのことをもっと知りたい=好きになっていますよね?

きっとユニファもイシードを本当に好きになるんでしょうけどいろんな障害がこれから出てくるんでしょうね!!

現代世界でも、7年間恋愛していなかったみたいですから、小説の中の時代だともっと難しいでしょうね!

ネット環境がないから、何一つ調べることも出来ないからこういう時代は、経験と周りの意見、そして自分の思考で色々と築き上げるんですね。

楽しそうだし、こういった異世界で生きる生活してみたいです〜。

まとめ

今回は漫画『悪女の恋人は主人公様』3話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。