叶わない魔女の願いのネタバレ&感想

漫画「叶わない魔女」は原作・漫画Haecheong先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「叶わない魔女」4話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

大火事により全てを失ったカイデルは火事の火種といわれる「白髪の女」を探すことを条件にハデスレイン伯爵の養子になりました。

白髪の女がいるという村に向かったカイデルが出会ったのは白髪のエレノアという少女でした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

村人から避けられる白髪の少女。

カイデルが泊まった宿での村人たちの会話から、エレノアが避けられていることが分かりました。

村の会合に出たら説明してくれるということを教えてくれましたが、カイデルは他の村人たちにもエレノアの事を聞いて回ります。

 

ほとんどの村人は彼女の存在を知らない、と答えるか避けるかという状態でした。

当の本人も人混みの中では逃げてしまう結果にカイデルは仮病を試みます。

 

怪我をした人や病人を放っておけない薬剤師を名乗るエレノアを避ける理由とは一体なんでしょうか。

外見への偏見なのか、その外見故の言い伝えなどがあるのか・・・。

 

村での事件との関りがあるのかも楽しみですね。

 

錬金術を使う者の天敵?

仮病を使ってエレノアとの接触を試みたカイデルですが、本当に眩暈と共に気を失ってしまいます。

 

そんなカイデルを介抱してくれたエレノアと会話をすることに成功しましたが、カイデルが倒れた原因は彼のもたれていた木にあるとのこと。

 

知っている人は少ないそうですが、とある人だけ反応を示す花粉を出している木。

それは、錬金術を使う者だけが眩暈や吐き気を催し気を失うものだと教えられます。

 

貴族の騎士が錬金術を与えられることはよくあることなので、エレノアはカイデルを騎士だと思い、この村に来たことを不思議がりました。

 

カイデルが薬草を探しに来たと伝えると、彼女の表情は一転し、輝くような笑顔を見せました。

そして、エレノアは薬草を一緒に探すことを提案します。

彼女の願いを一つ聞く、ということを条件に。

 

自宅にて、エレノアはレシピを書いていました。

忘却系薬草のレシピを・・・。

 

エレノアの条件とは一体何なのか気になりますね!

 

また、錬金術の方法を知る者は限られた者だけのはずで、更にはそれも高位貴族が独占しているはずです。

そのあたりも、白髪の者が避けられたりしている原因になっているのでしょうか。

 

カイデルが村人の集まりに参加するのか、すぐにエレノアと薬草探しをすることになるのか、次回がとても楽しみです!

 

叶わない魔女4話のネタバレ込みあらすじ

顏が見えないことについて悩むエレノアと、発覚したカイデルの階級!

 

エレノアは目を覚まし錠剤を飲んでから外出しました。

自分が提案した、薬草を探すことを手伝う代わりに願いを叶えてもらうという約束のために。

 

しかし、カイデルの顏がよく見えないということに気づいてしまってからは彼が少し怖くなってしまいます

そのせいでいつも見る夢を思い出してしまい疲れてしまうことにも気を重くしていたのです。

 

これからしばらく会わないといけない状況から、カイデルが使っている薬の解薬剤を作ろう決意しました。

けれど、それをカイデルに内緒にした方がいいかを悩むエレノアでしたが、カイデルに声を掛けられ我に返ります。

 

昨日広場で見かけて声を掛けたことを伝えられて、エレノアは一度口を閉ざし、すぐに笑顔を作りました。

考え事をしていると何も聞こえなくなるから、と説明する様子に嘘が下手だとカイデルは感じます。

 

しかし、その件については何も問わずに、出発を促しました。

カイデルは彼女が避けているはずなのになぜ自分から一緒に探そうと言い出したのかを疑問に思います。

 

エレノアの願いとは、自分が材料を探す時に同行し護衛してほしいということでした。

 

手伝いを申し出て、条件を提示したエレノアは、信用してもらうために、カイデルが探す「マルトゥス」という薬草について教えます。

 

正式名称「マルトゥスデウム」は、ラピアの危険地区のみに生息しているとある魔物の死体に生えるキノコです。

驚異的な治癒能力を持ち、珍しい品種のため、錬金術材料の高価な材料の一つとされています。

 

ただし、死体の新鮮さや周囲の環境や温度によりそのキノコは毒にもなるため、地理も状態も正確に区別できるエレノアなら役に立てるだろうと説明します。

 

納得したカイデルはエレノアの依頼を了承し、既に依頼してる隣町の傭兵組合に行くことになったのです。

 

カイデルはエレノアが国家機関である傭兵組合にわざわざ依頼してまで何を探しているのかを気になってしまいます。

 

そして、早速隣町の海辺の街オルビスに着いた二人は、早速傭兵組合所に行き、エレノアの依頼を受ける契約を交わすことになりました。

 

村で一番強いバルトを片手で伸した場面を見ていたエレノアですが、カイデルがS級と知り驚愕します。

そして、更にカイデルが顏を隠す理由が気になって仕方がないのでした。

 

カイデルはこれからの計画をカフェかどこかで立てようとしましたが、その前に材料商に寄ることにしました。

カイデルにはまだ言えない、解薬剤の材料を探すために。

 

叶わない魔女4話の感想と次回5話の展開を考察予想!

エレノアの願いは護衛でした

危険地区にある薬草を探そうと考えていたエレノアは、ずっと傭兵を探していたのですが、中々依頼を受けてくれる人がいなかったようです。

そんなエレノアにとっては騎士だと思っているカイデルへの提案は渡りに船状態だったのでしょう。

 

しかし、カイデルの顏が見えないというのは相当ストレスですよね。

カイデルはカイデルで、エレノアがわざわざ国家機関を頼ってまで探す物に興味が湧いているようです。

 

錬金術の解薬剤を作れるエレノアも何者という感じですね。

これからの冒険で二人の関係が少しは近づくのか、とても楽しみですね!

まとめ

今回は漫画『叶わない魔女』4話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

錬金術材料の中でも高価なキノコを探すというカイデルと、同じ危険地区に行くつもりで傭兵を探していたエレノア。

利害も一致したことで早速契約を交わしました。

 

エレノアは更にカイデルが使う錬金術の解薬剤も作る決意をしたのです。

≫≫次回「叶わない魔女」5話はこちら