俺だけレベルアップな件 ネタバレ7話!二つ目の掟は石造の持っている【モノ】が鍵!

漫画「俺だけレベルアップな件」7話は原作先生、原作chugong先生、絵h-goon先生の作品で、ピッコマで配信中です。

めぐみ
今回もワクワク♡

”神を讃えよ”
この意味を讃美歌を唱えることだと解釈し、キリスト教の讃美歌を歌うメンバー。

ですが、健闘もむなしく讃美歌は神像ではなくイエス・キリストを讃えるものということで、歩いてくる神像に踏みつぶされてしまいます。

恐怖におびえ、パニックの余りまともに考える思考もなくなってしまっているメンバー達。次々と踏みつぶされていきます。

後ろには神像が、前には斧や槍、剣、ハンマー、楽器、様々な武器を持った石像が攻撃してきます。

このままでは全滅してしまう…そんな時、水篠に一つの考えがひらめきます。果たしてその考えは通用するのか、正解なのか注目です!

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「俺だけレベルアップな件」の7話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。


\登録無料&無料漫画9000作品以上/

お得なセールを頻繁開催!

ebookjapanは俺だけレベルアップな件の漫画を楽しみたい全ての方におススメの電子書籍です。せっかくなら文章ネタバレだけじゃなく絵付きの漫画で読んでくださいね♪

 

讃美歌を歌うことが”神を讃えよ”という意味ではなかったことから、メンバー達は、神像や石造から次々と攻撃を受けていきます。

死にたくない、そんな思いを胸に”神を讃えよ”の意味を逃げながら必死に考える水篠。

石造が持っている武器は、斧、槍、剣、ハンマー、楽器など様々。

斧、槍など攻撃してくるとき、楽器を持っている石造だったら…と閃きます!

楽器を持っている石造が動いたら、讃美歌を奏でるのではないか。

果たして、効果があるのかどうかは分かりませんが、一か八か水篠は一斉に指示を出します。

俺だけレベルアップな件【7話】ネタバレあらすじ

石像に踏みつぶされるのを見てさらにパニックに陥るメンバー達。

逃げ惑うしかできない中、水篠があることに気づきます。

逃げることしかできない状況にパニック

讃美歌を歌うメンバーが神像に踏みつぶされたことで、死にたくないと逃げ回るメンバー達。

腰が抜けて歩けなくなったメンバーも無残に踏みつぶされてしまう。

水篠、観月、馬渕も必死に神像から逃げ回る。だが、どうすることもできず、観月を一人にするわけにもいかず必死にかばって逃げ回るしかない。

一方、今回生活のために再参加した久我も、こんな所で死ぬわけにはいかないと逃げ回っていた。もうすぐ生まれる家族のことを思い出し、気持ちを奮い立たせる。

神像からはだいぶん離れることができたが、ここなら大丈夫だろうと立ち止まったのは剣を持った石像の前。危険を察知した真島が、後ろッ!っと声をかけた瞬間、剣を持った石像に頭から真っ二つに切り裂かれてしまう。

神を讃えよの意味は一体何なのか

水篠は、必死に考える。悪魔のような神像の何を讃えればいいのか。見当もつかないまま逃げる水篠たち。

後ろには神像が、前には武器を持った動く石像がいて近づくと攻撃される。八方ふさがりだった。

石造の武器は、斧、槍、剣、ハンマー、バール、楽器など様々。掟の意味が分からないまま逃げるもどんどん負傷していくメンバー達。

水篠はふと気づく。楽器。楽器で攻撃してくるのか、ということに。武器を持った石像達は、近づくと振り下ろすなど決まった動きをする。

じゃあ、楽器を持った石像が動くなら…?

楽器を持った石像が鍵

あることを閃いた水篠は、メンバーに楽器を持った石像に逃げるよう指示を出す。

石造の前に一人のメンバーが来ると、楽器を鳴らしているような、演奏しているような音が鳴りだした。メンバーが次々と楽器を持った石像の前に逃げ込むと、どの石造も音を鳴らした。

水篠も観月と一緒に太鼓を持つ石造の前に逃げ込んだ。だが何も起こらない。どうやら同じ石造の下に二人いると発動しないようだ。

水篠はここから動かないようにと言って観月石造の前に残し、違う石像に向かう。

2つ目の掟の謎がついに解ける

必死に走る水篠の視線の先に楽器を持っていると思われる石像が見える。神像に踏みつぶされそうになるところをギリギリでかわし石像に滑り込む。

だが滑り込んだ先の石像が持っていたのは楽器じゃなくて盾だった。

盾を思いっきり振り下ろされ、大きなダメージを受ける水篠。だが、攻撃を受けながらも必死に這いずり別の石像に向かった。

水篠は意識が遠のきながらも神に助けて下さいと祈った。これまでギリギリの所で繋がれていた糸が、ここで切れてしまうのかとあきらめかけながら向かった石像は偶然にも歌を歌う石像だった。

水篠に反応した石像は歌を歌いだし、楽器を持った石像がすべて音が鳴りだした。

”神像を讃えるため”の讃美歌が鳴り響くのだった。ついに2つ目の掟をクリアし、攻撃が止まった。

神像たちの攻撃が一旦停止する。観月は水篠の所に走り寄った。

そこで観月が目にしたものは切断された水篠の足だった。

俺だけレベルアップな件7話の感想&次回8話の考察予想

今回はかなりスリリングな展開でした!

神像にも、たくさんの石像にも、四方八方から命を狙われるという危機的状況に思わず息をのんでしまいました。

そんな中、石造の持っているものというポイントに気づいた水篠の洞察力は本当にすごい!

そして、石造から攻撃を受け死を覚悟しながらも向かった石像が、水篠に反応して歌を歌いだすシーンは、迫力があって鳥肌が立ちました…!2つ目の掟がクリアできて本当に良かったと思います。

ただ、足を切断されて歩けなくなった水篠がこれからどう戦っていくのか、3つ目の掟は攻略することができるのか、今後の展開から目が離せません!

まとめ

今回は漫画『俺だけレベルアップな件』7話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

8話は3つ目の掟に関する新しい展開が起こりそうです。どのような事が何が起こるのか楽しみですね。

 

めぐみ
人気漫画が読めるebookjapanでは俺だけレベルアップの件の単行本が読めるよ!
登録無料だし無料漫画も9000作品以上あるから、こちらもチェックしてみてね!

 


\登録無料&無料漫画9000作品以上/

お得なセールを頻繁開催!

 

≫≫俺だけレベルアップな件の8話はこちら





関連キーワード