転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ&感想

漫画転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?は原作kkiming先生、文Seong euntae先生 絵N'oah先生の作品でピッコマで配信されています。

 

今回は「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」1~3話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

めぐみ
レアナの望むニートライフの実現は簡単ではなさそうです!

前世の記憶をもったまま、小説の世界に転生してしまった主人公レアナは、人が到底受け容れがたいと思う結婚の条件を呑み、皇帝陛下と皇妃として結婚します。レアナが目指しているのは、なんと、悠々自適のニートライフを満喫することだったのです!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?1話~3話の見どころ・考察予想!

悠々自適の皇妃ライフと聞くと、当たり前じゃん!と思ってしまう人が多いかもしれませんが、皇帝も皇妃も、それはそれで公務などがあり、悠々自適と呼ぶには、忙しい方々なのではないでしょうか?

タイトルから察するに、皇妃ライフの日常を舞台とするお話なのだろうと想像はできます。

 

しかし、一般人からすれば、皇妃ライフそのものが想像しがたく、想像するとして、貴族や皇族は、暇な人達という印象を持っている人が多いのではないでしょうか?

だから、そんな単純なものではないんだぞ!というストーリーなのか、はたまた、こんなに皇妃ライフはすばらしいんだよというストーリーなのか、どちらにせよ、今後の皇妃ライフのお披露目が楽しみなのに変わり有りません。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?1話~3話のネタバレ込みあらすじ

第1話 レアナは、到底人の理解出来ない条件をのみ、皇妃として皇帝陛下と結婚します

舞台は、ダンスを踊る二人の姿から始まります。
結婚の条件の理解について話しているようです。
正室ではなく皇妃となること、愛を望まぬ事。
この条件を呑むならば、結婚を承諾しようという話です。
この結婚の条件を承諾し、これから結婚しようとしているのが主人公レアナ。

皇帝陛下との結婚の条件をのみ、皇妃としての人生を歩もうとしています。
皇宮学校を首席で卒業し、美人で、しとやかな才色兼備です。

しかし、彼女には秘密があります。
なんと、前世の記憶があるのです。

今いる世界は、前世で出版された本の中。
「ダーリンは皇帝陛下」という恋愛ファンタジー小説ですが、そしてその中に登場する悪女こそが、このレアナなのです。
そんなレアナに転生してしまったので、結末を知ってることから、この馬鹿げた条件の結婚にも驚きもしません。

小説の中では、異国から現れた少女にこころを奪われた皇帝が、その少女にのみ愛をそそぐという展開で、先に皇妃として宮中にはいっていたレアナは、嫉妬に狂い、異国から現れた少女の暗殺を企てます。

では、今回はその前世の記憶を元に、どう選択するというのでしょうか。
レアナの考えはこうです。
契約どおり、皇后ではなく皇妃となり、ヒロインである異国の少女とも仲良く一緒に暮らし、悠々自適のニートライフを満喫しようと。

第2話 1年後、いよいよ結婚式の日です。レアナはそれなりの不安を抱えています。

支度を調え、会場に向かいながら、レアナは考えます。
小説通り、仕事人間で、冷たい人格の皇帝と結婚することになった事実、そして、このまま小説通りなら、嫉妬に狂い辺境の地へ一生涯幽閉される運命のレアナ。
その運命は、果たして変えられるのかと考えると、怖くてたまりません。
もう一度、自分のなすべきことを、強く思います。
皇帝の愛も求めないし、ヒロインとも仲良く暮らすのだと。

 

式場では皇帝陛下が待っていました。
どうせ1分で終わるからと言われ臨んだ結婚式でしたが、本当に、宣言だけして終わりという、ひどいものでした。
これには、会場の人々も、レアナのことを可哀想に思っているようです。
しかし、レアナは、気にもしていません。

そんなとき、小説には出てこなかったキャラクタが登場しました。
名前をルマンといい、どうやら、皇帝の兄弟らしい人物です。

皇帝は、レアナに手を伸ばしました。
ワルツを踊ることが、プログラム的に残っていると。
ダンスを踊りながら、レアナは再度強く思います。
自分が望んでいるのは、「安定したニートライフ!」だと・・・。

 

第3話 レアナと赤い髪の男性が仲よさそうに一緒に中庭を歩いています。

皇妃即位から1年後。
皇妃の護衛には、強面の騎士団長ポールがついています。
レアナは、いつも彼に守られながら、過ごしていました。
いつの間にか、二人はとても仲良くなっているように見えます。

実は、レアナは、初めて騎士団長のポールに会ったときにも少しも怖がることはなかったそうです。
自己紹介で、自分の名前「ポール・レトリーバー」と名乗り、跪いているポールに対し、レアナは可愛い名前なのに、いかつい顔をしていると言って笑いました。

1年経った今、それを思い出しているところへ、またまた、原作には出てきていない皇帝の弟ルマンが現れました。
最近、レアナが実施した貧民政策のお礼を言いに寄ったようです。

レアナは原作に出てこなかったルマンに興味があります。
ポールに、ルマンとはどんな人物なのかを尋ねました。
表向きな話ではなく、人となりを聞きたいと思っています。
それに対しポールは、ルマンは、人当たりも良く、仕事も出来て、民からの信頼も厚いと評しました。
そんな会話をしているところへ、皇帝陛下から、レアナに呼び出しがかかります。
何の用向きかわからないレアナは、少し不安を感じずにはいられませんでした。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?1話~3話の感想と次回4話の展開を考察予想!

いやぁ~、素晴らしいです、ニートライフ!
私も目指したい!
できることなら、一生、ニートでいたいです。

でも、皇妃という立場を考えれば、完全なニートというわけではありませんね。
だって、貴族のご子息や令嬢ならば、ほぼほぼ、ニートみたいなもんでしょう?

それを、皇妃という公務がある立場の人間になったという時点で、ニートは違うような・・・。
現に、政策とか考えて、実施しちゃってるわけですから、十分、世の中のために働いていると思うんですよ。
サラリーはもらってないかもしれませんが。
というか、お城に住んでるんですから、お金なんていらないでしょ。
その他は好きに過ごしているというから、ニートちゃぁニートなんでしょうけど。

 

才色兼備だからといって、いつも幸せな選択肢ばかりが提示されるわけではないということですね。
皇帝陛下の愛を欲しない、皇后の座も望まない、これは、普通の女性にとっては、いたたまれない条件なのかもしれません。
しかし、レアナにとっては、望んでも仕方の無い愛を求めるより、健全な?ニートライフの方が幸せになる道だと判断した訳ですから。
何が幸せかなんて、誰も正解は持っていません。
だから、ニート、大いに結構!
目指すべきかどうかは別ですけど♪

何故、原作にない登場人物がいるのでしょう?
これは、転生した理由と何か関係があるかもしれませんね~。
個人的には、強面のポールなんて、けっこう、いい感じだと思うのですが、護衛と皇妃とでは身分が違うとかの理由で、恋仲になることはないんでしょうね。
女性としての幸せは、今後どう実現するつもりなんでしょうか?

 

今後の予想としては・・・。

皇帝陛下の元に、いつか現れるという異国の少女が登場するでしょう。
すでに、原作にでてこないキャラクタが登場している時点で、もう、前に読んだ内容とは違うものになってるかもしれません。
そうすると、異国から降ってきた少女は、いつまで待っても降ってこず、皇帝が、その少女に愛を注ぎ込むことはなく、レアナが悪女に成り下がることもないと・・・・

しかし、そうなると、レアナの考えるニートライフはどうなるのでしょうか?
思惑とは違う方向で、結構、あちこちで働くことになっちゃうとか?
今回の政策のように手腕を買われ、地方に視察にいくことになったり、民から指示されて、名誉ある何かの権限を与えられたりと、忙しい日々を送ることになるんじゃないでしょうか?
一体どうなる、夢のニートライフ!?

まとめ

今回は漫画『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』1話~3話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

才色兼備のレアナが選んだのは、皇妃として、悠々自適のニートライフを送ることでした。

周囲の人間には、そんなレアナが可哀想に見えているかもしれませんが、これは、レアナが選んだ道なのです。

これを選ばなければ、原作通りに、一生涯、辺境の地に幽閉される人生をおくる結果になるかもしれないのですから・・・。

皇帝陛下と結婚はしました。そして、皇帝の愛も望んでいません。次は原作通りなら、異国から少女が現れます。

 

≫≫次回「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」4話はこちら



関連キーワード