転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ&感想

漫画「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」は原作kkiming先生、文Seong euntae先生、漫画N'oah先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」4話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました。

めぐみ
皇帝陛下の興味がどうやらレアナに向き始めたようです♡

到底、人が理解出来ない条件で、皇帝陛下の皇妃として結婚したレアナ。
容姿端麗で、頭もよく、才色兼備といわれるレアナが、何故、このような条件で皇帝陛下と結婚したかというと、それは、前世の記憶が元になっていました。

 

前世の記憶があるレアナは、この舞台が、現世で読んでいた小説の中だということを知っています。
そして、転生した人物レアナは、後に、異国から現れる少女に嫉妬し、暗殺を企て、辺境の地へ幽閉される運命を辿ることになっています。

 

これを回避すべく、レアナは、皇帝陛下との結婚を受け容れ、条件を全てのみ、皇帝陛下の愛も求めず、ヒロインとなるはずの異国の少女とも仲良く暮らそうと心に誓っていました。
そして、結婚式が終わり、宮中に入ってから1年が過ぎた頃、皇帝陛下からお呼びがかかります。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?4話の見どころ・考察予想!

本当に、何の用でしょうか?
レアナが何かしたとか?
皇帝の機嫌を損ねるようなことをやってしまったなら、レアナにも心当たりくらいあるはずです。
しかし、レアナにも、そんな覚えはないように見えます。
もしかしたら、異国からの少女が、やってきたのでしょうか?
それで、世話をしろというために、レアナを呼んだとか?

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?4話のネタバレ込みあらすじ

宮中では、人々が、レアナは皇帝陛下にはもったいないと噂していました。
それを物陰で聞いていた皇帝はご立腹のご様子です。
侍従の者たちが、それを諫め、その場に、弟ルマンもいます。
そして、ルマンは言いました。
皇妃の政策は全帝国民が好意的に見ていると。
そうじゃないのは、皇帝陛下ただ一人だと。

 

一緒にいる侍従は、テリア財務官。
皇帝陛下に意見できる数少ない人物の内の一人です。
そんな中、宮中の上階から、階下を見下ろすと、レアナと護衛のポールがこちらに向かってくるのが見えました。
二人の仲が良さそうな様を見て、皇帝陛下は少しざわめきを覚えます。

 

皇帝陛下の前に、二人が現れ、皇帝の前のテーブルに一欠片のケーキが差し出されました。
レアナが町に出たときに、皇帝陛下のために、買っておいたものです。

 

素直にお礼を言おうと思った皇帝陛下でしたが、意思とは逆に、口から出た言葉は、条件の確認でした。
そんなひどい言葉にも、レアナは平然と、自分も皇帝陛下に愛情とかもってないから、どうか、心配しないでくださいと言ってのけるのでした。

 

口からつい出てしまった言葉と態度に、皇帝陛下も少々落胆しています。
その様子をみていたテリア財務官が、ケーキを食べてみるように促しました。
実際食べてみると、思った以上に美味しく思えた皇帝陛下は、同じケーキを所望します。
しかし、同じケーキと言っても、種類が同じということでは、ありません。
レアナが直接もってきたケーキが欲しいと言い出したのです・・・。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?4話の感想と次回5話の展開を考察予想!

気ままに町に出て、ケーキを買ってくるなんて、ほんと、悠々自適という言葉にぴったりの生活を送っているレアナで、羨ましいかぎりです。

そんなレアナが買ってきたケーキを美味しいと食べる皇帝陛下も、嫌なヤツではなさそうだし。

日々の生活は、素敵なものだとわかりました。

 

しかし、町に出たからといって、皇帝陛下のために、ケーキを買うという行為がどうも腑に落ちません。

何故なら、皇帝の愛も望まず、皇后の座も欲しがらないという条件で、宮中に嫁いだわけですから、皇帝陛下を気に掛けることそのものがおかしな行動に思えます。

 

普通は、皇帝陛下と通じる何かがあって、「あ~、彼はこんなの好きそう!?」とかって思うでしょ?

しかし、この二人の間には、そんなロマンティックな雰囲気のかけらも無いわけで。

町にでたら、自分の好きなものか、それこそ、護衛ポールの好きそうなケーキを選んだとかなら理解できますけど。

 

じゃあ、そのポールのことを思って買ったケーキを、「皇帝陛下の顔が浮かんだから~」なんて言って出しておいて、実は、それはポールと食べようと思っていたものでした、なんてわかった日には、皇帝陛下は、ひどくご立腹なさることでしょう。

それこそ、レアナが一番気にしている平穏なニートライフを継続するのに支障をきたす恐れとなるに違いありません。

間もなく、異国の少女がやってくるはずです。

そんな彼女とも上手くやっていくと心に決めているレアナですが、どうも、思ったようには行かなそうです。

 

今後の予想としては・・・。

本当に、小説のままならば、異国少女がやってきても遅くない頃合いなのに、その気配がありません。

原作が変わってしまったのでしょうか?

まだ原作とおりならば、異国の少女がやってきて、皇帝陛下がその少女に愛をそそぐというのが基本的なお話です。

しかし、現段階で、誰にも心を開かなかったワーカーホリックの皇帝陛下が、レアナに興味を持ち始めています。

この感情が吹き飛ぶほどの、異国からの少女の魅力があれば、本来のストーリーが再現されるでしょうね~。

そして、レアナのニートライフ実現計画は、思惑通りというわけです。

まとめ

今回は漫画『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』4話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

皇帝陛下からの愛を望まず、皇后の座も欲しがらず、皇妃という立場に甘んじることを条件に結婚したレアナですが、真の目的は悠々自適なニートライフを送ることです。

ですから、自らも、皇帝陛下に対し、特別な感情をもつことをしません。

しかし、思惑とは裏腹に、皇帝陛下は、レアナに興味を持ち始めました。

一体、今後、この感情はどのように発展していくのでしょうか?

 

≫≫次回「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」5話はこちら



関連キーワード